【阪神】福留孝介2019年シーズン振り返り 驚異の43歳!

福留 2019

阪神の福留選手といえば今年で43歳を迎える大ベテランです。日本球界の現役選手のなかで最年長の選手です。

福留選手は日本球界(中日)で活躍した後、メジャーへ渡ります。その後日本球界に復帰するときに阪神にやってきます。今年2020年シーズンで現役生活22年目となります。

そんな2020年シーズンを迎える福留選手ですが生涯でどれだけ稼いでるか皆さん、知っていますか?

福留 年俸ランキング

 

これは2018年シーズン終了時点の日本人選手の生涯推定年俸のランキングです。

スゴイ選手達が並ぶなか、福留選手は全体の第6位で74億100万円となっています。

2019年シーズンの推定年俸が1億5000万円ですから、生涯推定年俸の総額は

75億円を上回っていることになります。

とてつもない金額ですね・・・

見た目はオジサンですがタダ者ではありません。超ド級の実績を誇るバケモノです。(笑)

そんな福留選手の2019年シーズンを振り返っていきましょう。

 

福留孝介 2019年シーズン成績

こちらが福留選手の2019年シーズンの成績です。

福留 2019年成績

2019年シーズンの出場試合数は104試合でした。ふくらはぎの故障に悩まされ、シーズン中に2度の一軍登録抹消期間があります。

打席数も403打席となっており規定打席到達ができないシーズンでした。(5年ぶり)

打率は2割5分6厘、ホームラン10本、打点47ということで、打撃主要部門はすべて前のシーズンよりも悪い成績となってしまいました。

年齢による衰えで仕方ない部分もあるでしょうが、まだまだホームランは2桁を打つ力があります。

出塁率は3割4分7厘です。選球眼の指標であるIsoDは0.91ということで、出塁能力はまだまだ健在で、相手バッテリーからも警戒されていることが分かります。

また長打率は3割9分4厘ということで、チームでもトップクラスとなっています。

福留選手は大ベテランですがチームへの貢献度が高いのです。

 

シーズン通しての活躍

次にシーズン通しての打撃成績を見てみましょう。

福留 2019 打撃チャート

 

福留選手はシーズン中盤に2度ふくらはぎの怪我(筋挫傷)をしており、登録を抹消されている期間があります。

ベテランにとって、ふくらはぎの怪我は選手生命に関わる致命的な故障になりやすいです。しかし福留選手は無事回復し、一軍に帰ってきます。さすがはドメさんです。

この福留選手の離脱中は高山選手が代役としてレフトで出場していました。

 

2019年シーズンの福留選手の打撃チャートを見ると、シーズンを通して打率が2割5分付近でピタッと安定しているということが分かります。

福留選手は実績があるスゴイ選手なだけに打率が2割5分というのは物足りなく感じてしまいます。しかし、試合の勝負どころ、ココぞ!という場面で見せる一打にはベテランの味を感じました。

 

ココぞ!で打った場面
  • こどもの日に甲子園でセリーグ第5万号となるサヨナラホームランを放つ。(555番福留の第5打席目 55の同点の場面 相手投手5番手からセリーグ通算第5万号)
  • ポストシーズンCS第2戦目の対横浜DeNA戦 9回ビハインドで山崎康晃投手登場。試合が終わる最後の最後で同点となるホームランを放つ。横浜スタジアムが一瞬にして沈黙

あと、2019年シーズンの福留選手は東京ドームで異常に打ちまくっています。チームで数少ないジャイアンツキラーな選手でした。

 

福留選手はクリーンナップで起用されています。シーズン前半は5番を打ち、シーズン後半には3番を打っています。

2019年の福留選手に期待されたことは4番を打つ大山選手をベテランの力でサポートすることでしょう。

大山悠輔 真の4番に返り咲くためには長距離砲になれ!【阪神タイガース】

 

若手を”育てる”存在

福留選手はオフの契約更改の際に以下のようなコメントを残しています。

けがで離脱もしましたし。その中で、4番で頑張っている大山にはすごく迷惑をかけた。僕がもうちょっと頑張っていれば、彼をもう少し楽にプレーさせられたと思う

引用元:SANSPO.COM

4番の重圧に晒され続けた大山選手に対して謝罪するようなコメントを残しています。ベテランなりに未成熟な若き4番をフォローしようとしてくれていたんですね。

こういう若手思いの姿には感心させられます。

鳥谷選手がいなくなった今、福留選手がベテランとして、若手の面倒を見る存在であり続けてほしいと感じます。

福留選手は若手に指導をする場面も見られました。

2019年シーズンでいうと、サヨナラが成立した試合でランナーだった植田選手が次のベースを踏み忘れるミスを指摘する場面が見られました。皆がサヨナラで喜んでいるなか、福留選手だけがそのミスに気が付いていました。こういうことに気づいて注意できる存在はチームにとってありがたいです。

また、若手に長年培ってきた技術を伝えていってほしいですよね。

福留選手の相手バッテリーの配球を読む力は達人クラスです。相手バッテリーの配球を操作するために初級はあえて空振りして次に来た球をフルスイングすることがあります。そういう打席での駆け引きの技術を若手に指導してもいいんじゃないでしょうか。

試合に出て活躍するのも一つの仕事ですけど、選手兼任コーチくらいの勢いで若手を育てる仕事をしてほしいです。

 

もう福留選手は調子が良いときだけ試合に出場してくれたらいいです。2019年シーズンでは高山選手が育ってきましたし、1試合おきの出場とかで全然いいように感じます。

ココぞ!の勝負力は物凄いモノがあるので代打の切り札としての起用もアリです。

 

福留 キャリア

福留選手の今後のキャリアはどうなるんでしょうね。

日本球界での通算2000本安打まで、あと103安打です。

43歳 70安打
44歳 30安打
45歳 3安打

みたいな感じで時間が掛かってもいいので達成してください!(笑)

その後は阪神のコーチになるみたいな指導者への道を歩むのでしょうか。

 

おまけ 過去のバケモノっぷりを紹介

ここからはおまけです。福留選手のこれまでの偉大な実績について触れていきます。

今の若い人は、福留選手の全盛期を知らない人も結構いるんじゃないでしょうか。今の福留選手はベテランのおじさんという印象が強いですが昔はタイトルを総なめにするようなバケモノだったので、それを紹介しておきます。

福留 全盛期

福留選手は1999年から2007年にかけて中日でプレーしました。

なかでも2002年から2006年の間は物凄い成績を残しています。

上の表を見てください。

打率は悠々と3割を超えています。ホームランも30本を打っています。

出塁率も4割越えで、長打率はなんと6割を超えています。

OPSが1.0を超えているシーズンが3回もあります。驚愕です。度肝を抜かれました、ハイ。

もうバケモノとしか言いようがないですよね。

 

そして、たくさんのタイトルを獲得しています。

獲得タイトル
  • 首位打者 2回
  • 最高出塁率 3回
  • シーズンMVP 1回
  • ベストナイン 4回
  • ゴールデングラブ賞 5回

この活躍をした後、メジャーへ挑戦することになります。

やはりメジャーへ挑戦する選手というのは日本球界で大きな実績を残しています。阪神でいうと他には藤川球児選手もそうですね。当時、日本で無双した後、メジャーへ挑戦しています。

野球選手の挑戦するという姿勢はカッコいいです。人々が憧れ、子供たちには夢を与えます。

 

福留選手の現役生活はまだまだ続きそうです。これまで多くの人に夢を与えてきた選手なだけに、阪神で有終の美を飾れるように素晴らしい活躍をしてチームを優勝に導いてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー