近本光司の2019年シーズン振り返り 盗塁編 【阪神タイガース】

近本 2019 盗塁

近本選手はルーキーシーズン(2019年)に盗塁王を獲得する活躍を見せました。そこで近本選手のルーキーシーズンの盗塁成績について考察してみます。

近本選手のルーキーシーズンの打撃成績について知りたい方はコチラのリンクからどうぞ。↓↓↓

近本光司のルーキーシーズン振り返ってみた 打撃編【阪神タイガース】

 

それでは近本選手の2019年の盗塁成績について振り返ってみましょう。

 

近本光司 2019年 盗塁成績

近本選手の2019年シーズンの盗塁成績は以下の通りです。

近本 2019 盗塁成績

盗塁企画数は51回でセリーグで1番の企画数です。矢野監督が掲げるチーム方針「超積極的」が近本選手に良い影響を与えているように感じます。

近本選手はシーズン序盤に盗塁死や牽制死が多くなったときに矢野監督から「チャレンジして失敗するのは仕方ない。一番いけないのはチャレンジしなくなること」という助言を受けます。なので近本選手は積極的に走ることが出来たのでしょう。

盗塁王を獲得できたのは積極的にチャレンジすることが許されるチーム環境があったからなのかもしれませんね。

2019年シーズンの盗塁成功率は71%でした。

盗塁失敗数が15回というのは結構多い印象を受けます。近本選手はたしかにシーズン序盤の盗塁成功率が悪いのですが、シーズンが進むにつれて盗塁成功率を上げていきます。

それをこれから説明します。

 

2019年 シーズン通しての盗塁成績

下のグラフは近本選手の2019年シーズン通しての盗塁成績について表したものです。

近本 2019 盗塁グラフ

これは2019年シーズン6か月間の盗塁成績を月別で示したものになります。

5月と9月の盗塁成功数が10回で他の月に比べてズバ抜けていることが分かります。

近本選手は5月に打撃絶好調で13試合連続安打を記録するなど出塁が物凄く多かったです。それが盗塁数増加にも繋がりました。5月1日の試合では1試合で3個もの盗塁をマークしました。

9月も打撃のほうが安定していて出塁も多かったです。シーズン終盤ということもあり盗塁王のタイトル意識も強くなり盗塁増加に繋がりました。

9月は阪神ファンの声援「走れ!走れ!近本!」というのも近本選手の盗塁をアシストしたように感じます。相手チームに盗塁することがバレバレですが、そのなかでも盗塁を決める近本選手はやはりスピードスターということが言えます。

逆に6月・7月は盗塁成功数が3回と少なく、企画数自体も少ないです。

このころは交流戦の真っ最中で近本選手は2019年シーズンで一番深いスランプを経験しています。なので塁に出ることが少なく、盗塁どころではありませんでした。

当たり前ですが塁に出なければ盗塁はできません。近本選手の盗塁グラフを見ると打撃の調子が良い時には盗塁の数が増え打撃の調子が悪い時には盗塁の数が減ります

打撃の調子と盗塁の数はやはり相関性があります。安定して出塁することが盗塁を増やす上で重要なファクターになることは間違いありません。

 

近本 盗塁成功率

近本選手は盗塁の成功率が良くない言われることがあります。

2019年の盗塁失敗数は15個でたしかに多いです。これ以外にも牽制でアウトになってたりもしています。

しかしセリーグで1番盗塁を失敗しているわけではありません。近本選手の盗塁失敗数はセリーグで第2位です。セリーグ第1位は広島の鈴木誠也選手です。16回も盗塁を失敗しています。鈴木選手はトリプルスリーへの意識が強すぎたのか、結構走ってますが失敗が多いです。

 

近本選手の月別の盗塁成功率を見ていきましょう。

近本 2019年 盗塁成功率グラフ

4月は盗塁企画数が9回に対して4回も盗塁を失敗しています。ルーキーなので初対戦のピッチャーやキャッチャーばかりで苦戦しました。いきなりプロの壁に当たった感じですね。

指標的に盗塁していいのは盗塁成功率が70%以上からのようです。70%以上ない選手は走らないほうがチームのためで、70%以上ある選手は走ったほうがチームのためになります。

近本選手は4月の盗塁成功率は56%でかなり悪かったです。しかしその後は成功率上げてきます。

9月は盗塁企画数12回のうち10回も盗塁を決めており成功率は83%です。

80%以上の盗塁成功率があれば盗塁は一流だと言えます。

 

まとめ

2020年初めに近本選手は次シーズンへ向けて抱負を語っています。

「(目標は)2年連続の盗塁王。40個は狙って走ります。チームに貢献する、いい盗塁をできれば。それによって生還できれば、いい走塁になるので、その機会を増やすこと(が大事)だと思う」

引用元:スポニチ Sponichi Annex

近本選手は2年連続盗塁王を狙うと公言しています。

実際、阪神でこれだけ塁に出てこれだけ盗塁できる選手は近本選手しかいません。

糸井選手が高出塁・盗塁タイプなんですけどベテランとなり毎年のようにケガをしているので期待ができません。

なので近本選手には怪我せず1シーズン出場し続けてもらって盗塁王を目指してほしいですね。

盗塁王をアシストするという意味では、阪神には正捕手で梅野選手がいるので足の速いライバルをウメチャンバズーカでバンバン刺してもらいましょう。(笑)

2019年シーズンの盗塁王争いは近本選手とヤクルトの山田哲人選手がシーズン終盤までデッドヒートを繰り広げていました。山田選手は連続盗塁記録が途絶えてからシーズン終盤はガムシャラに盗塁するようなっていました。

そこにウメチャンバズーカでズバーンと山田選手の盗塁を阻止しています。それが山田選手に盗塁王を取らせなかったことに貢献しています。

なので近本選手には心強い味方もいます。

阪神でリードオフマンを任せられるのは近本選手しかいません。今後も怪我をせずに頑張っていってもらいたいものです。

“近本”と”赤星”の比較【1年目の成績を比較してみた】阪神タイガース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー